妊娠中におすすめの資格取得 >> 生活の充実向上のための資格 > 妊娠中に取りたい食育の資格

食育とは一体何か?

妊娠中に取りたい食育の資格食育とは一言で言うと『食を通して人間として生きる力を育むこと』と言えます。

単に、食べ方、栄養などについての知識・・・という狭い範囲ではなく、考えて食べる力を養うという大きな意味合いを含んでいます。

飽食の時代と言われて、食べ物が巷にあふれているため、その中から安全なもの健康に良いものを選ぶ力【食選力】を身に付け、食事のマナーを身に付け、世界的な視野で食について考える力を持つこと・・・これが食育ということです。

食育の重要性

食べることは必要に迫られる行為ですが、それは我々の身体を成長させる原動力になるもので、病気から身を守る抵抗力を生み出すものでもあり、また人生における楽しみでもあります。

そして誰にでも必要な食べることは、文化でもあり世界中に様々な食に関するマナーやしきたりが存在することを認識して、グローバルな視点での食に関する知識を持つことも現代社会では大切なことです。

子育てにおいても食事の時間はとても重要で、何を食べることが良いのか、悪いのか、食事中にはどうすべきなどをしっかり子供に伝えることで、子供の身体と心を育むことができるようになります。

体・心・知育を育む場としての『家族とともに囲む食卓』を提供するための知識・技量を食育の力で身に着けましょう。

妊娠中に取るべきおすすめ食育資格

食育の資格はいわゆる民間資格と言われる範疇の資格で、様々な資格がありますが、当サイトおすすめの妊娠中に取りたい食育資格は、次のとおりです。

食育インストラクター養成講座

食育インストラクター養成講座妊娠中の約6ヶ月で取得できる資格で、子どもに正しい食生活を教えたいママになりたい妊婦さんにはおすすめです。

また、この資格を持っていれば、学校や保育園、食品関連会社、福祉施設などで食育のインストラクターとしても活躍できるため、将来の就活にも役立つ一石二鳥の資格です。

食育基本法の制定に関わった服部幸應先生が監修しており、人気のある、安心して学べる資格取得講座です。

>>食育インストラクター養成講座

食育講座
(野菜編/穀類編/畜産編/魚編/くだもの編)

食育講座(野菜編/穀類編/畜産編/魚編/くだもの編)幅広い食育に関する知識を、素材ごとに教えてくれる通信講座で、素材の栄養、選び方、調理法まで、すぐに家庭生活で実践できる知識、技術が学べます。

料理がちょっと苦手、食材や調理法にそれほど詳しくないという妊婦さんでも、妊娠中にこの資格を取得すれば自身が持てるようになると思います。

>>素材選びから調理法まで食育講座

食育アドバイザー講座

食育アドバイザー講座食育の目的、安全で美味しい食材の目利き術、食に潜む危険の見抜き方などを、1日わずか15分の学習で学べる妊娠中の隙間時間を活用して取得できる資格が『食育アドバイザー』です。

食育アドバイザー講座は、約3か月と超短期間で取得できる資格なので、つわりが治まった妊娠中期からでも十分に目指せる食育の資格です。

>>今から間に合う食育アドバイザー講座

薬膳マイスター講座

薬膳マイスター講座薬膳は美容と健康に良いことから妊婦さんにも人気の資格の一つです。

身体の内側からキレイで健康になりたいから、日々の食生活に薬膳料理を取り入れてみようと考えている女性は少なくないようです。

薬膳マイスター講座では、講座修了後に『国際薬膳食育師3級』の資格も目指せるのも人気の秘密のようです。

>>薬膳マイスター講座