妊娠中におすすめの資格取得 >> 妊娠中の資格取得コラム > 妊娠中に取れる就職のための資格

産後働きたいと思っている妊婦さん

妊娠中に取れる就職のための資格産後、子供が1歳過ぎたら働きたいと思っている妊婦さんは少なくありません。

そのため、妊娠中に資格取得の勉強をして、出来れば出産前に資格を取得して、産後の就活、就職に備えようとするのです。

人気の公的資格『登録販売者』

薬事法の改正で医薬品販売の制度が大きく変わって、登録販売者の資格を保有している人が一般用医薬品を販売できるようになったのです。

薬剤師がいなくても、登録販売者がいれば一般用医薬品(第2類、第3類)を販売できるため、ドラッグストアーやコンビニ、スーパーの薬剤コーナーなどでの求人が増えています。

登録販売者が薬剤師に次ぐ公的資格と言われるのは、このためです。

妊娠中に取るなら登録販売者

妊娠中に就活、就職のためになる資格を取りたいと考えているなら登録販売者がおすすめです。

学習期間は半年程度の通信教育で十分ですし、試験は都道府県ごとになりますが7割できれば合格というのがこれまでの状況です。

薬の知識は仕事だけでなく普段の生活にも活用できるので、その点だけでも取っておいて損のない資格だと思います。

気になる収入ですが、登録販売者の資格がないとできない仕事に就くわけですから、当然時給も高く時給1.000~1,500円というのが相場のようで、月収に換算すれば25万~35万円になります。

妊娠中なら通信教育が一番

妊娠中に登録販売者の資格を取ろうとするなら、通信教育が手軽です。

しかも、たのまなの通信教育なら厚労省の認定講座なので、一般教育訓練給付制度の対象講座として費用の最大20%がハローワークより支給されます。

登録販売者の資格を取りたい人、さらに詳細について知りたい人は、登録販売者合格講座の資料請求【無料】で確認してください。

登録販売者合格講座(たのまな)
矢印
登録販売者合格講座(たのまな)
登録販売者【合格保証制度付】