妊娠中におすすめの資格取得 >> 妊娠中の悩み相談アドバイス > 登録販売者は妊娠中に挑戦できる

妊婦にも人気の資格|登録販売者とは

登録販売者は妊娠中に挑戦できる

登録販売者とは、薬剤師に次ぐ公的資格として近年儲けられた新しい資格で、狙い目の人気資格です。

医薬品は3つに分類されていますが、そのうちの第二、第三類医薬品を販売できるのが登録販売者です。

第1類医薬品は薬剤師のみが扱えますが、実はスーパーやドラッグストアーの薬品コーナーでは、登録販売者の扱える第二、第三類医薬品が約9割を占めていると言われています。

薬品コーナーの大半を販売できる資格ということで、人気もあり、募集しているドラッグストアーなども多いので就活にも有利な資格です。

登録販売者の取り方

登録販売者の資格を取るには薬事に関する法律や制度、医薬品の基本的知識、人体の働きと医薬品の関係、適正な使用と安全対策などについての試験に合格する必要があります。

合格率は4割程度とやや難関の資格ですが、公的資格であり、この資格を持っていないとできない仕事に就けるため、当然の難易度かと思います。

そこで、妊娠中に登録販売者の資格を取るなら通信講座の受講がおすすめです。

最長でも6ヶ月で試験準備を終えることができるので、妊娠中の空き時間、暇な時間を活用して勉強するにはちょうどいい資格だと思います。

ただし、注意が必要な点として、登録販売者の資格試験は都道府県ごとに実施され、年に1回のみということです。

登録販売者の資格試験日程

登録販売者の試験は都道府県ごとに行われいて、8月から12に月頃の年の後半に実施されるケースが多いようです。

>>登録販売者の試験日データ

そこで登録販売者の資格試験準備は年明けの1月~4月頃に資格取得講座の受講を開始すれば良いと思います。

通信講座の中には合格保証制度付きの講座もあり、妊娠中に堅実に勉強したい妊婦さんにはおすすめです。

合格保証などの詳細を知りたい方は、無料の資料請求で確認してみて下さいね。

登録販売者の通信講座

登録販売者【合格保証制度付】


通信講座や通学講座を比較して検討したいなら、資料の一括請求が便利です。


講座比較用の資料一括請求

登録販売者の資格取得講座
資料一括請求【無料】