妊娠中におすすめの資格取得 >> 復職・就活に向けて妊娠中に取るべき資格 > 妊娠中に取得できる医療事務の資格

妊娠中に医療事務が人気の理由

妊娠中に取得できる医療事務の資格

妊娠中に資格取得に挑戦する妊婦さんは結構いますが、中でも医療事務が人気なのにはいくつか理由があるようです。

体調の不安を抱えていたり、出産、子供、詳細の生活にも期待と不安が広がっている妊婦さんでも、希望を持って楽しく学習できて資格取得の達成感、満足感を得られると思います。

学習期間がちょうどいい

医療事務を通信講座で取得しようとした場合、標準的な学習期間が4ヶ月から6ヶ月のレンジで、出産までの期間にちょうどいいからです。

病院の仕組みを垣間見れる

また、妊娠、出産、子育てという時期には、病院に行く機会も増えるため医療事務が身近な存在にも思えたり、料金の計算、保険の仕組みなど病院の裏側について知ることができることから興味も沸いているからのようです。

収入が増える・安定する

そして、医療事務の仕事は、全国共通なのでどこの病院、クリニックでも働くことができるし、平均月収は20万円くらいで年収も280万円前後と経済面からも魅力的なお仕事だからです。

医療事務は挑戦しやすい

妊娠中に資格取得が初めての妊婦さんでも、医療事務なら挑戦しやすいのでおすすめです。

マイペース学習と在宅受験

なぜなら、医療事務の資格取得は、受験資格を特に必要としないのでスタートしやすく、DVDやテキストを用いて学習し、演習問題で実力をつけて、在宅で試験を受ける・・・自宅にいて資格取得を目指せるため、体調に不安がある妊婦さんでも挑戦しやすいのです。

通学でスクールに通って資格取得するなら1週間程度で取得できる医療事務の通学コースもあるようですが、妊娠中の体調不安がある時期に決まった日時に通学するのは大変だと思うので通信講座の受講が賢明だと思いますよ。
(費用も通信の方が安いしね。)

合格保証付きの通信講座がおすすめ

医療事務の資格取得なら比較的短期間で資格取得を目指せて、合格保証も付いている『たのまな通信講座』がおすすめです。

また、たのまな通信講座なら、医療事務給付制度や、就職相談、求人紹介及び職場見学などの就業サポートも付いている講座なので、資格取得後も安心です。

合格保証付きの医療事務講座とは
矢印
妊娠中に取得できる医療事務の資格
医療事務講座【合格保証付き】