妊娠中におすすめの資格取得 >> 復職・就活に向けて妊娠中に取るべき資格 > 就活に役立つ介護保険請求事務の資格

求人募集の多い介護関連

就活に役立つ介護保険請求事務の資格

高度高齢化社会となり人口の老人比率が右肩上がりの現在、介護センター、デイケアセンター、要介護施設など介護関連の職場も増えています。

地元を一回りするだけでも、あちらこちらに介護関連の職場、求人を見つけることができるのではないでしょうか。

介護は大変なイメージがある?!

でも、介護というとものすごく大変というイメージがあり、賃金も安くて大変だからと敬遠する人も多いようです。

その一方で、人とのつながりを実感でき、感謝され、自分の両親、家族にも役立つから介護業界にかかわって良かったという人も少なくないのです。

その介護業界でヘルパーに匹敵する重要なスキルが介護保険請求事務です。

介護保険請求事務とは

介護保険請求事務の仕事は、介護保険制度に基づいて介護サービスを受ける利用者の本人負担額を計算して、国や地方自治体に介護給付費を請求するお仕事です。

介護事務所の運営をサポートするデスクワーク主体のお仕事なので、介護が大変と思っている人でも、事務職の一つと考えれば就活が大いにしやすいジャンルとして狙い目なのです。

介護事務の資格取得するには

介護事務の資格取得するには通学講座、通信講座を受講して資格取得するのが、確実簡単でおすすめです。

妊娠中におすすめの介護事務通信講座

約4ヶ月で取得できる介護事務の通信講座で、修了と同時に介護事務士が取得できる講座が、期間的にもコスパ的にも、妊娠中に挑戦するにはおすすめです。

介護事務の資格取得と同時期に、近所に介護ステーションがオープンして、介護ヘルパーや介護事務のスタッフ募集があったので応募しました。

時給は900円で午後4時間という希望通りの好条件で働くことができたのも、介護事務の資格を取ったからだと感じています。【埼玉:30代主婦】

>>おすすめの介護事務通信講座