妊娠中におすすめの資格取得 >> 妊娠中の資格取得コラム > 妊娠中にお金を掛けずに資格を取る方法

妊娠中になぜ資格を取るのか

妊娠中にお金を掛けずに資格を取る方法

妊娠中に資格取得に挑戦する妊婦さんは思った以上にたくさんいますが、資格取得の目的はどこにあるのでしょうか。

妊娠中、特に産休に入ってから育休が終わるまでの期間は、子供中心になりすぎて社会から自分が取り残されていると感じる妊婦さんは少なくないのです。

旦那は仕事、自分は家で子育て・・・、友達は・・・など、隙間時間があればいろいろな考えが頭の中をグルグル回るようです。

中には、マタニティーブルー、育児うつなどになる人もいるので要注意です。

そんな隙間時間を資格取得に向けることで、前向きに解決しようとする妊婦さんになるべくお金を掛けずに資格を取る方法を紹介します。

お金を掛けずに取れる資格

出産、子育てにはお金も掛かることから、お金を掛けずに資格を取ろうとする人もいるようですが、お金を掛けずに取れる資格は・・・ない!?と思います。

試験を受けるにもお金は掛かる

資格というのは、国や権威のある機関・組織などから認可・認定して与えられるものなので、当然のこととして一定の水準の知識、能力、技能などが求められ、資格取得のためには試験や技能検定を受ける必要があります。
国家試験や技能検定、認定試験の多くは、受験費用が必要で5,000円から10,000円くらいが相場のようです。

独学でも費用は掛かる

資格取得の試験に合格するためには勉強は不可欠で、学習のための参考書や問題集と言ったものは、独学で資格を取る時には必要不可欠なもので、結局独学で資格取得しようと考えても、お金を掛けないわけにはいかないのです。

賢くお金を掛けて資格を取ろう

では、賢くお金を掛けて(使って)資格を取るには・・・と考えるのと、投資した以上の見返りのもらえる役に立つ資格を確実に取得すればいいのです。

実は、厚労省では要件を満たした人には、教育訓練に掛かった費用の20%に相当する額を給付してくれる『一般教育訓練給付制度』もあるので、これを活用すれば資格取得費用も抑えられます。

妊娠中の隙間時間を使って、数ヶ月の学習と、少ないの投資で、将来のためになる、役に立つ資格を取ることが一番なのではないでしょうか。

>>就活に向けて賢く取るならこの資格!!