妊娠中におすすめの資格取得 >> 妊娠中の悩み相談アドバイス > 産休中の1ヶ月で取れるおすすめの資格とは

産休・育休の期間はどれくらいあるのか

産休中の1ヶ月で取れるおすすめの資格とは
妊娠が分って出産が近づいてきて、産休や育休をどのように取れば良いのか再確認しました。

産休や育休は、出産や育児のために仕事を休業できる制度、仕組みのことです。産休は女性しかとれませんが、近年は男性でも育休が取れるようになっていますよね。

なかなか取得する人が増えないようですが、社内の男性社員でも3ヶ月ほどの育児休暇を取った人がいたので、徐々に浸透してきているものと思います。

産前産後に取れる産休

産休は、大まかに言うと、出産予定の6週間前から産前休暇を、出産後8週間ほど産後休暇を取れる制度です。
予定日の42日前から産前休暇を申請することができます。また、双子などの場合は14週前からでも取得できます。

妊娠が分ったら、社内の規則などを確認して、いつから産前休暇を申請できるか確かめておくと良いでしょう。

産後休暇は、、出産翌日から56日間で、この期間は法律で定められていて、休業は義務となっていて、原則として就業できません。

育休で休める期間

基本的に育児休暇は、子供が1歳の誕生日を迎える前日まで、申請した期間を休業することができます。

育休を取る場合は、予定日の1ヶ月前までに会社へ申請することが法律で定められているので注意しましょう。

また、取得に際しては、同じ勤務先で継続して1年以上働いていること、1歳の誕生日以降も引き続き同じ勤務先で働くことなど細かな条件があるので、事前に確かめておくと良いでしょう。

女性の場合、産休で最大98日、育児休暇で約1年の休業期間があるため、この期間を有効に活用して、子育てに活用できる資格取得を考えるのは、賢明なことだと思います。

産休・育休中の有意義な過ごし方

産休、育休中は子育てをするのはもちろんですが、子供が寝ている時間やちょっとした隙間時間を、テレビを見てボーっと過ごすようではもったいないです。

産休中、育休中は、子供のため、家庭のため、自分のために何か有意義なことをすべきなのです。育休が終わって会社に復帰するとなかなか自分の時間が持てなくなります。

できるなら、将来のため、子供のためになるようなこと、例えば資格取得の時間として使うのが有意義でしょう。

産休・育休中の隙間時間を使って、わずか1ヶ月で取得できる資格はいろいろあります。ここでは、特に産後、子育てに関連したおすすめ資格を紹介します。

産休中に取得できる子供関連の資格

産休中に取得できる子供関連の資格
産休中のわずか1ヶ月に自宅で取得できるおすすめの資格、子育て、子供に関する資格を2つ紹介します。

いずれも、スマホを用いていつでもどこでも学習できるスタイルの通信講座なので、手軽に挑戦できます。webテキストや講義動画、テストが主体で、重たいテキストなどを持ち歩く必要もありません。

formieは、スマホで資格取得ができる注目のオンライン通信講座です。どの講座も1ヶ月のカリキュラムと在宅試験で資格取得を目指せます。取得できる資格は、日本能力教育促進協会(JAFA)が認定する資格で、名刺や履歴書に明記でき、資格保有者として活躍できるしっかりした資格です(^^♪
自分のために使うことはもちろん、見につけたスキルを人に自宅サロンや教室で教えたりすることもできる手に職の付く資格でもあります!!

チャイルドコーチングマイスター

チャイルドコーチングマイスター
子育てに不安を感じているなら、チャイルドコーチングの資格がおすすめです。
今注目のコーチング技術を使って、子供との信頼関係を作りながら、子供が将来、自分で自己を律することができるようにするための知識とスキルが身に付きます。

チャイルドコーチングマイスター資格を取得すれば、子供の個性を尊重しながら、未来を育むことができるようになります。

>>チャイルドコーチングマイスター

ベビーフードコンサルタント

ベビーフードコンサルタント
乳幼児期の食育はとても重要で、幼児食の栄養や献立の基本的な知識を身につけ、赤ちゃんの発達に合った食事や正しい食事などについて学習することは大切なことです。

食事と遊びの区別をつけたり、親子の信頼関係を築いたり、子育ての食に関する悩みや問題を解決できるヒントがたくさん見つかるでしょう。子供の健やかな成長に欠かせない幼児期の食事についてのスキルが身に付きます。

>>ベビーフードコンサルタント資格取得講座