妊娠中におすすめの資格取得 >> 妊娠中の悩み相談アドバイス > 妊娠中にどんな資格を取るべきなのか

妊娠中に資格取得に挑戦する

妊娠中にどんな資格を取るべきなのか

共働きで妊娠するとまずいつまで仕事ができるのかを考えるようです。

一般的に出産予定日の42日前ころから産休に入るので、それまでは仕事を続けることになるかと思います。

そして、妊娠中は勤務時間の短縮も行われるところが一般的なので、従来より自由になる時間が多くなるのも事実です。

そんな空き時間を利用して、資格取得を考える妊婦さんは多いようです。

どんな資格が向いているのか

妊娠中に取るべき資格ということでは、生まれて来る子供のためになる資格もあれば、産後のキャリアアップにつながる資格もあります。

中には、妊娠とともに仕事を辞めてしまう妊婦さんもいるので、そういう方には就活につながる資格や家事・育児と両立できる仕事を目指した資格取得もあります。

ただ、妊娠中に資格を取るとしたら、比較的簡単に取れる資格、期間的にも数か月から長くて半年の学習でOKな短期間で取得できる資格がおすすめです。

妊娠中におすすめの資格とは・・・

あなたの目指すゴールによって妊娠中に取得すべき資格は変わってきます。

子供のためになる資格なら

生まれて来る子供のためになる資格を取得したいなら、おすすめは次の2つの資格です。

チャイルドコーチングマイスター
【JAFA認定資格】

子供との信頼関係を築いて、子供自身が自己を律するスキルまで培っていけるようにできるスキルがチャイルドコーチングで、子供の個性を尊重し未来を育めるプロになれます。

約1ヶ月の学習で取得できるので、妊娠中にピッタリのイチ押し資格です。

>>チャイルドコーチングマイスター


ベビーマッサージインストラクター
【JADP認定資格】

親子のスキンシップを通して赤ちゃんとの絆を深めるベビーマッサージの技術を習得する通信講座で、約3ヶ月の学習で取得できるのでおすすめです。

自分自身のスキルアップなら

産後または子供が1歳を過ぎたころから社会人としての復帰を考えているなら、手に職がつく資格や家事育児と両立できる資格の取得がおすすめです。

手に職がつく資格【登録販売者】

薬剤師に次ぐ資格として今大注目の資格が、『登録販売者』で公的な資格です。

ドラッグストアーやスーパーの薬剤コーナーなどで、第二類(指定第二類含む)および第三類医薬品を扱う場合に必要となる資格で、就職先も多く、この資格を持っていないとできない仕事なので、まさに手に職がつく資格です。

>>登録販売者【合格保証制度付】

家事育児と両立できる資格
【Webライティング実務士】

家事・育児と両立するための最良の方法は、在宅できる仕事です。

インターネットの普及・発達により、クラウドソーシングと呼ばれるパソコンとネット回線があれば誰でもできる仕事、『Webライティング』が主婦や妊婦さんに人気です。

そんなWebライティングをお仕事にできるWebライティング実務士の資格は一生の財産ともいえる資格で、妊娠中の2ヶ月で取れちゃうおすすめ資格です。

>>Webライティング実務士
【合格保証・仕事保証付】